シミ消しクリーム口コミランキング
加齢とともに肌にぽつんぽつんと増えていくイヤーなシミ。

普段のお手入れではなかなか消えないものです。

そんなシミも美容皮膚科に通うことなく、自宅のケアで消すことができたらうれしいですよね。

今回は、自宅でもシミ消しできるクリームや化粧品をランキング形式で紹介していきたいと思います。

肌の漂白剤と話題の「ハイドロキノン」を配合したシミ消しクリームもありますよ。

毎日の美白ケアの参考にしてみてくださいね。

シミ消しクリーム選びのポイント

シミ消しクリーム選びのポイント
シミ消しクリームを選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。

実際に購入する前に、ぜひ確認してみてください。

続けられる価格帯の商品を選ぶ

シミ消しクリームは一般的に、効果を感じられるまで2~3ケ月程度時間がかかると言われています。

ですので、高価なクリームを一回だけ買うよりも、ケアを続けられる価格帯の商品を選ぶことをお勧めします。

現品購入前にトライアルセットを利用する

どの化粧品も言えることですが、肌に合う・合わないは使ってみないことにはわかりません。

とは言っても、口コミなどを参考にして選ぶだけでは、わからない部分も多いですよね。

もしトライアルセットが用意されている場合は、まずそちらを購入してみると良いでしょう。

トライアルセットは、価格が安いものも多いですし、肌に合うかチェックする意味でも試してみるべきですよ。

医薬部外品・医薬品などの表記をチェック

美白効果を謳っている商品の中でも、美白成分が入っていなかったり、配合量が少ないものがあったりします。

そのため、きちんと「医薬部外品」や「医薬品」などの表記があるかを確認するのが大切です。

一定濃度の美白成分が配合されているかどうかの目印になりますよ。

自宅ケアで消せるシミのタイプは?

クリームで消せるシミの種類
シミと一口に言っても、いくつか種類があります。

自宅でのケアで消せるものと、消せないものがあるので、事前にチェックしてみましょう。

老人性色素斑

紫外線の影響によってできる、いわゆる「シミ」です。
別名「日光性色素斑」とも呼ばれます。

円形や楕円形に近い形状で、薄茶色から茶色の境界線のはっきりしたシミです。

加齢とともに肌のターンオーバーが遅くなると、メラニンの排出が追いつかなくなり、シミとなって現れます。

このタイプのシミは、色の薄い段階のものなら自宅でのケアが可能です。

すでに色が濃くなってしまっているものについては、シミ消しクリームなどでのケアは効果が現れない可能性が高いです。

その場合は、美容皮膚科などでのケアも視野に入れると良いでしょう。

炎症性色素沈着

ニキビ跡や虫刺されの跡など、皮膚が炎症を起こしてできてしまったシミがこのタイプです。

自宅でのケアでは、色の薄いものでしたら効果があると思われますが、濃いものは数年かかる場合もあります。

できてしまった色素沈着については、紫外線が当たるとより濃くなってしまうので、日焼け止めなどでガードしましょう。

肝斑(かんぱん)

肝斑は、女性ホルモンのバランスの乱れが原因でできるタイプのシミです。

頬骨の上に左右対称にできることが多いのが特徴です。

肝斑には美白成分が効果的に効くので、自宅でのケアで消すことができます。

効果をより早めるには、トラネキサム酸などの内服薬を併用すると良いようです。

トラネキサム酸は、メラノサイトを活性化させる因子であるプラスミンの働きをブロックします。

シミ消しクリームと内服薬を併用することで、より早くシミを無くすことができますよ。

そばかす(雀卵斑)

そばかすは、鼻から外側に向かって広がっていくのが特徴です。

雀の卵の殻の模様に色や形が似ていることから、雀卵斑とも呼ばれます。

主に遺伝が原因とされ、10代ごろからでき始めるようです。

遺伝性のそばかすは、自宅でのケアでは消せない場合があります。

いったん消えても、再発するケースとそうでないケースがあるようなので、皮膚科で一度相談することをお勧めします。

ハイドロキノン配合のシミ消しクリームランキング

「肌の漂白剤」や「シミの消しゴム」などと称される美白成分が、「ハイドロキノン」です。

有名な美白成分の「ビタミンC」「アルブチン」「コウジ酸」などと比べて、約10~100倍の美白効果があるとも言われています。

しかし、その分肌への刺激も強めなのも事実です。

まずは、トライアルセットなどでパッチテストをしてから使うことをお勧めします。

また、ハイドロキノンを使用している期間は、日焼け止めなどで紫外線をしっかり防ぐことが大切です。

次に挙げるのは、私が使ってトラブルが起こらなかったハイドロキノン配合のクリームです。

肌質によって合う・合わないはあると思うのですが、ぜひシミ消しクリーム選びの参考にしてみてください。

1位「ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9」

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9
ハイドロキノンの量が1.9%と、配合量が低めのシミ消しクリーム。

独自の浸透テクノロジーQuSomeカプセルテクノロジーにより、ハイドロキノン4%配合のものと同等の効果が得られます。

ハイドロキノン自体の配合量は低いので、その分肌への負担も少なくなっているのも特徴です。

また、ビーグレンのとくに良いところは、365日の返金保証がついていることです。

肌に合わなかった場合も、いつでも返品できるのはうれしいですね。
安心して試すことができます。

化粧品を買う際には、アフターサービスが充実していることも大切ですよね。

詳しくはコチラ

2位「アンプルールラグジュアリーホワイト」

アンプルールラグジュアリーホワイト「新安定型ハイドロキノン」によって、保存しやすく、なおかつ肌への負担も少なく美白ケアできるアンプルール。

皮膚科の医師が商品開発のディレクションを務めている、信頼のおけるドクターズコスメです。

ハイドロキノンの配合量は1%と少なめながら、スクワランやコラーゲンといった保湿成分との相乗効果で美白ケアできます。

そのほか、美白効果の期待できるプラセンタエキスも配合されています。

カモミールの香りでリラックスしながらケアできるのも良いですね。

7日間使えるトライアルキットもあるので、公式HPをチェックしてみてはいかがでしょうか。

詳しくはコチラ

3位「プラスナノHQ」

プラスナノHQハイドロキノンが4%配合されている美容クリーム。

ハイドロキノンがナノ化されていて、肌に浸透しやすくなっています。

肌のキメを整えるレスベラトロールや、製品の酸化を防ぐアスタキサンチンも配合されています。

コンシーラー要らずの肌を目指せますよ。

税込3,980円で申し込めるお試しセットでは、プラスピュアVC25ミニもついてきます。

点でシミを攻めるプラスナノHQに対し、こちらは面で肌にアプローチするビタミンC美容液になっています。

ピュアビタミンCが25%も配合されており、肌のキメやハリを整えてくれます。

どちらもおススメなので、試してみては?

詳しくはコチラ

ハイドロキノンを使う際の注意点

ハイドロキノンクリームの注意点ハイドロキノンは、高い美白効果があるものの、それだけ強い成分でもあります。

以前は医師しか取り扱うことができなかったほどです。

副作用として、肌の赤みやかゆみ、白斑などが起こる可能性もあります。

使用の際には、注意点を必ず守るようにして、少しでもおかしいと思ったら中止するようにしましょう。

使用期限を守ること

ハイドロキノン配合の製品には、「○ケ月以内に使用する」など、注意書きがあることが多いのでチェックが必要です。

ハイドロキノンは劣化しやすい性質を持つので、茶色く変色している場合などは使わないようにしましょう。

劣化したハイドロキノンは美白効果が期待できず、逆に肌への毒性を持つ可能性もあります。

また、ハイドロキノンは長期間同じ部分に使用すると「白斑」と呼ばれる副作用が出ることがあります。

それを避けるためにも、3ヶ月ハイドロキノンを使用したら1ヶ月休むようにしましょう。

保存の仕方も、メーカーが推奨する方法で必ずおこなうようにしてください。

使用前に必ずパッチテストをおこなう

ハイドロキノン配合のクリームは、少なからず肌への刺激があります。

肌の丈夫さに自信があっても、必ず事前にパッチテストをおこないましょう。

パッチテストのやり方は簡単です。

清潔にした上腕部の内側に、ハイドロキノン入りのクリームを塗った絆創膏を貼り、24時間後に様子を見ます。

赤みが出ていたら、肌に合わない可能性が高いので、使用を中止しましょう。

ハイドロキノンの使用中は紫外線対策必須

ハイドロキノンは紫外線によって光毒性を持つ性質があるので、日中に使用するのは避けましょう。

また、ハイドロキノン配合の化粧品を使用している期間は、必ず日焼け止めなどで紫外線をカットすることが必要です。

日傘やサングラスなどを使うのも良いでしょう。

ニキビなどがあるときは使用を控える

ハイドロキノンは、ニキビの炎症そのものではなく、ニキビ跡に効果を発揮します。

ニキビや傷があるときにハイドロキノンを使用すると、さらに悪化する可能性があります。

肌にトラブルがあるときは使用を控えて、炎症が収まってから使うようにしましょう。

スキンケアの順番を守る

通常、ハイドロキノンが配合されたクリームは、夜のスキンケアの最後に使用します。

各メーカーが推奨するお手入れの順番は必ず守るようにしましょう。

医薬部外品でおススメのシミ消しクリームランキング

ハイドロキノンを使うのは難しそう、という人には、厚生労働省が認可している医薬部外品を使うのがおススメです。

ここでは、有名な製薬会社などが開発したクリームなどを紹介していきます。

1位「アスタリフトホワイト美白トライアルキット」

アスタリフトホワイト
写真フィルム分野のコアテクノロジーを駆使し、独自のナノ化技術をスキンケアに活用した富士フィルムのアスタリフト。

美容成分を肌の角層まで浸透させ、その働きを最大限に発揮させることに成功しました。

メラニン色素を無色に還元させる作用や、コラーゲンの生成をサポートするビタミンC誘導体を配合。

そのほか、3種類のコラーゲンや酵母エキス、抗酸化作用のあるアスタキサンチンもナノ化した状態で配合されています。

トライアルキットには、以下の5点が入っています。

・ジェリー状先行美容液
・美白化粧水
・美白美容液
・美白クリーム
・UVクリア美容液兼化粧下地

たっぷり5日分入って1000円(税別)なので、とても試しやすいセットになっています。

詳しくはコチラ

2位「シミトリー薬用美白オールインワンジェル」

シミトリー
「ハイドロキノン誘導体」が配合されたオールインワンジェル。

ハイドロキノンに似せて作られたハイドロキノン誘導体は、肌への負担が少なくなっています。

敏感肌などで肌が荒れやすい人にはおススメです。

ビタミンC誘導体や10種の天然由来保湿成分も配合。

乾燥しているとシミができやすいという考えのもと、うるおす美白を提案しています。

シミのほか、シワ対策にも効果が期待できるジェルです。

詳しくはコチラ

3位「SIIMIUS(シミウス)ホワイトニングリフトケアジェル」

シミウス

薬用美白成分プラセンタが高濃度で配合されているシミウスのホワイトニングリフトケアジェル。

メラニンの生成を抑制し、日焼けによるシミを防ぎます。

また、独自のダブルクリスタル製法により、2層のジェルを実現。

マッサージしながら美白もできる、一石二鳥のジェルとなっており、ケアの時間短縮をしたい人にはおススメです。

1つで10役果たす医薬部外品です。
シミのケアのほか、保湿や乾燥対策もできます。

詳しくはコチラ

体の内側からもシミケア!飲み薬&サプリ

シミ消しクリームを使うだけではなく、同時に飲み薬やサプリメントを服用することで、相乗効果が期待できます。

「飲む日焼け止め」として、最近話題になっているんですよ。

ここでは、シミに有効な成分が配合されている飲み薬やサプリを紹介します。

ビーグレンファーマSIMIホワイト

ビーグレンSIMIホワイト
飲むだけでシミが薄くなる第3類医薬品のSIMIホワイト。

シミに効くL-システインを最大量240㎎配合。

今あるシミの改善だけではなく、メラニンの生成を抑制するので日焼け対策も同時にできます。

塗った部分にしか効果の無い日焼け止めと違って、全身に効果があるのもうれしいですね。

また、ビタミンB2とB6を配合。
肌のターンオーバーを整えて、シミの元になるメラニンの排出を促進します。

さらに、ビタミンEの作用で、日焼けやかぶれによる色素沈着も改善します。

妊娠中や授乳中のケアのほか、お子様の日焼け対策にも使えます。

定期便を頼めば、簡単なアンケートに答えるだけでビーグレンのハイドロキノンクリーム5gが無料でついてきますよ。

体の中と外からケアすることで、より早く美肌を目指すことができます。

詳しくはコチラ

キミエホワイトプラス

キミエホワイトプラス
医薬品有効成分であるL-システインを従来品より1.5倍に増量。

シミ・そばかすに飲んで効く医薬品です。

また、肌の新陳代謝を良くする「パントテン酸カルシウム」を配合。

たんぱく質や脂質、糖質を正常に代謝し、健康な皮膚を維持する役目を果たし、にきびや湿疹、かぶれにも効きます。

1日3回、1回1錠だけで良いのも魅力ですね。

疲れやだるさ、二日酔いにも効果的な薬です。

詳しくはコチラ

ホワイピュア

ホワイピュア
第3類医薬品の最大量240㎎のL-システインが配合されたホワイピュア。

L-システインのほか、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEがバランスよく配合されています。

肌のターンオーバー周期を整えて、自然にシミの排出を促していきます。

袋入りで持ち運びも簡単なので、出先での服用も楽ちんです。

こういったところも、続けやすいポイントのひとつですね。

定期コースを申し込むと、初回に薬用美白クリーム(10g)のプレゼントもありますよ。

詳しくはコチラ

即効性のあるシミ消しには美容皮膚科

クリニックレーザーでシミ消し
自宅でのシミのケアには、時間がかかるのがつきものです。

濃く広がってしまったシミをすぐに薄くしたり消したりしたい場合は、やはり美容皮膚科を受診することをお勧めします。

美容皮膚科は、症例数の豊富さやカウンセリングの内容、アフターケアの充実度などに注目して選ぶと良いですよ。

そのほうが、ドクターの経験値も高く、さまざまな治療法の中から最適なものを提案してくれます。

最新の治療では、シミだけではなく、顔全体のトーンアップも可能です。

皮膚科で処方されるシミ消しクリーム

美容皮膚科の多くでは、「トレチノイン」と「ハイドロキノン」の2種類のクリームを処方することが多いです。

トレチノインとは、ビタミンA誘導体のことを指します。

これは、肌のターンオーバーを早くして表皮の細胞を活発に増殖させ、メラニン色素も一緒に持ち上げて排出してくれます。

シミのほか、シワの改善にも効果が期待できる薬ですが、日本では病院でしか手に入れることができないのが現状です。

なお、処方される薬は市販のものよりも濃度が高くなっているので、使用の際には主治医の指示を必ず守るようにしましょう。

レーザー治療

濃くなってしまったシミについては、シミ取りレーザーの治療も視野に入れると良いでしょう。

レーザー治療や飲み薬などの料金表をまとめたので、参考にしてみてくださいね。

・レーザー治療…レーザーにはいくつか種類があり、シミの種類によってどのレーザーを使用するか変わってきます

・内服薬…L-システイン、トレネキサム酸、ビタミンC

・外用薬…ハイドロキノンクリーム、トレチノインなど

プチプラコスメでシミは消せる?

プチプラでシミは消せる?ドラッグストアなどで目にするプチプラのシミ消しクリーム。

見かけるとついつい買ってしまいたくなってしまうようなものばかりですよね。

私も実際にいくつものプチプラコスメを購入してきました。

プチプラコスメの良さといえば、値段を気にせずたっぷり使えることと、気軽にいろんな種類を使えることです。

でも、本気でシミを消したいと考えるのならば、やはり効果に注目して選びたいものです。

プチプラコスメにも良さはありますが、たくさん購入してしまって、結果的に高価になってしまうことも。

そのわりには、効果が出ないこともしばしばです。

やはり、同じだけお金を使うなら、結果が出るクリームなどを選んだほうが良いですよね。

安い化粧品にはハイドロキノンが入っていないので、やはりハイドロキノン配合のクリームを選ぶ方が良いと思います。

トライアルセットなどを賢く使えば、肌に合うかどうかや、効果の有無を手ごろな値段で確認することができますよ。

私のおススメは、ランキング1位でも紹介したビーグレンです。

ハイドロキノンの配合量は1.9%と少なめですが、独自のテクノロジーで4%並みの効果が得られます。

トライアルセットは税込1,944円で試せるので、とってもお得です。

このお値段で、トライアルセットには以下の内容が入っています。

・クレイウォッシュ(15g)
・QuSomeローション(20mL)
・Cセラム(5mL)
・QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

送料も無料ですし、なんと言っても365日の返金保証がついているのが良いポイントだと思います。

今までいろいろなプチプラコスメを使ってきましたが、やはり効果は段違いでした。

皆さんもきっと違いを実感できると思いますよ。

まとめ

シミ消しクリーム口コミまとめ

ここまでいろいろなシミ消しクリームを紹介してきましたが、最終的には自分の肌に合ったものを上手に選ぶことが大切です。

そのためにも、シミ消しクリームなどはトライアルセットなどを上手に使って選ぶと良いですよ。

また、飲み薬なども一緒に使うと効果的ですので、体の内側と外側からケアしていきましょう。

シミはなかなか無くならないものですが、毎日のケアを続けていけば、必ず美肌になれます。

諦めずに一緒に頑張りましょう!

Copyright© シミ消しクリーム口コミランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.